2015/06/30

1/100ザブングル製作記 「哀歌かなしく」

Wm_xabungle_100_030
前回の記事よりかなり経ってしまっておりますが、一応完成報告の記事となります。
おかげさまで展示会等に持って行きますとかなりいい評価をいただきます。
バランス調整に気を使ったおかげかなとは自分ながら思います。
ただ時間が経った今、作品を見返すといろいろ反省点もありますね。
強度的に若干もろい部分があったり、やはりコクピット内部は作ったほうが面白かったと思います。
まぁクリアランスがないので今回は見送ったのだけど、やれなくはないかなとも思ってましたので。
苦労した甲斐があった作品ですし、また作るときは今回の反省をふまえていきたいところですね。
というわけでザブングル製作記はここでいったん終わりです。
それではまた。

Wm_xabungle_100_031
第54回静岡ホビーショー モデラーズクラブ合同作品展で模型サークルfirstageのブースで展示させていただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/08/05

1/100ザブングル製作記 「泥まみれ、やけっくそ」

なんだかんだで実はまだ完了していない。FAの方からも改修したほうがいいといわれたところもまだやってない。
サークルメンバーからの意見はとてもありがたく真摯に受け止めてはいるし、直そうとは思っている。
まぁ、そのうちね、基本天邪鬼だしwww

さて、それはそれとして、こんな過疎ブログに質問コメがあったので答えられる範囲でお答えします。

◆足首に使用した黒い関節パーツは何のキットの物なのでしょうか。それと文章中のOYW仕様とは何のことなのでしょうか。
えーコレは同じことなのでまとめて答えます。

正確には太ももから膝関節、すねのフレームまでがすべて同じキットのものです。
使用キット名はMG 1/100 RX-78-2 ガンダム Ver.ONE YEAR WAR 0079です。 略してOYW仕様ですね。
ちなみにMG 1/100 RX-78-2 ガンダム Ver.1.5の脚フレームも同じものです。
私はたまたまOYW仕様のフレームをサークルの仲間から譲ってもらったのでそれを使用しています。
すねフレームは関節の位置の関係上、途中で切っていますが、足首までほぼそのまま使ってます。 

◆あと頭部は上方向に延長はしてないのでしょうか。人形は顔が命との言葉もありますし、できれば顔の改造を詳しく教えていただきたいのです。
頭部に関しては言葉にするのがすごく難しいですし、途中写真もこの記事のしかないんでわかりつらいかもしれませんが、入手できるのであればモデルグラフィックス2006年7月号のサル山ウキャ男氏の作例記事を参考にされるのが早いと思います。
基本的なパーツの割り方は作例のコピーですから。

とまぁこれではあまりに不親切なんで、私のした事書いときます。
・上方向に関してはまったく伸ばしていません。
・首では少し伸ばしてるといえるでしょう。
・フェイス部分はキットのパーツを鼻、口に当たる部分はそのままでほほ部分のサイドを削り小型化。
・後頭部は真ん中にせんさーのディテールあるため真っ二つで幅つめできないので、角でカットして、サイドを削る方法で幅つめ。
・前頭部は後頭部を切り離したあとおでこのセンサーを切り離して(再利用するので慎重に)、真ん中で割って幅つめ。
・作例では耳部分(赤いところね)もキットのままだけどプラ版で作り直し。

後は自分の好みの頭部にするため調整あるのみです。私が上方向に伸ばしていないのはあくまで好みです。

とまぁそんな感じ。
>ジョウさん
私なんかの記事を読んで作ってみようと思う方がいて、少しうれしいです。
あきらめなければきっと出来るのでがんばってください。

-次回予告-
なんだかんだで結構評判良かったとうれしい反面、期待にこたえるためにもっと精進せんといかんよね。
改修終われば次行くところそれは果たしてギャリアかな?

次回1/100ザブングル製作記「哀歌かなしく」、さて終わるのか?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012/04/12

1/100ザブングル製作記 「バロン、悪あがき」

Wm_xabungle_100_029
いやはや、なんだかんだやってる間に春来ちゃいましたよ・・・
現状、模型作る時間がほぼ取れてないんで泣きそうですが、ご覧のとおりザブングルとりあえずは完成してるんです。(fgでは一旦公開しましたが・・・)
だけどFAのほうからリテイク案が少しあるのでそれを修正してからHPのほうにUPしようかなと。
具体的には膝のネジがそのまんまやんというやつでして、蓋パーツを作る予定です。
モデサミ2に現地参加できませんでしたが、割と好評だったようです。
まぁアラが在るんでこれで満足しちゃいけませんが・・・
がんばってギャリアとかと並べたいなぁ。

-次回予告-
指摘されるということはまだまだ詰めが甘いのよ。
自分に甘くてどうするの、あんたならできるはずと仲間の叱咤激励、糧にして今度こそはと自問する。
今度会うときには少しマシになってるといいなぁ・・・
というわけで次回1/100ザブングル製作記「泥まみれ、やけっくそ」で終わる予定でございます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/12/07

1/100ザブングル製作記 「あとは野となる大破壊」

Wm_xabungle_100_014
傷消し三昧です。
いろいろあってまだ本格的な全塗装に入れてませんが、少し前の状態です。
ようやくここまできました。
サークルのメンバーからサフ状態がピークと言われたのでそのピークです。(笑)
今回はビンサフを吹いてみました。
塗装前のパーツの面が綺麗であればどちらでも構わないと思います
要は吹きすぎないことかと。
ザラッとした感じの場合、ほんの少し軽く磨いてやるとかするといいのではと。
缶サフは部屋で吹くとミスト汚れが大変ですがビンはそうでもない。
ビンサフ吹いたブラシはこまめに洗浄しないと詰まる、缶サフはそれがないので手軽に。
どちらも一長一短ですね。
L5買った後使ってなかった初代タミヤスプレーワーク引っ張り出してきてサフ用に使用しましたがこれもまめに洗浄しないと詰まり気味でした。
薄め方やコンプのパワーもあるのかもしれませんがね。
丁度良いうすめ具合がまだよくつかめてませんがこの辺の按配は経験かなと。
メーカーによっても違うみたいなんでいろいろ試してみますかね。
今回使用したのはブラックスマーフ氏に小分けしていただいたビンサフ。
どこのメーカーのか忘れました、ごめんなさい。
非常に使いやすかったけどもうあんまり残ってない・・・

-次回予告-
ようやくこれで塗装に入れるか?
それとも、まだまだ傷消しは続くのか?
気がつきゃガンダムよりもでかいのよ。
ギャリアと並べるとどうなるか?
そんなのだれにもわかんない。

次回1/100ザブングル製作記「バロン、悪あがき」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/25

1/100ザブングル製作記「謎また謎のイノセント」

前回に引き続き改修部分の解説などです。
武器とかリアルというにはイノセントの不思議設定ですけどまぁ気にせずにw


太もも
OYW仕様(およびVer1.5)のフレームまんまで膝関節の下で一旦切り離しています。
外装は1.5の前パーツと後上側、OYWの後下側を使用
すねは基本キットのまんまでフレームを固定する部分を中に詰めます。
Wm_xabungle_100_008
足首
キットでは一体になってる甲の部分を切り離し、別パーツ化。
つま先部分を少し改修しました。
足首関節は受け部分がMGガンダムNT-1(ジムカスタムやジムクゥエルでも可)から移植。
フレームは先述の切り離したOYWのフレームを使用。
足底のバーニア?ジェット?はこんな感じです。

武器類
Wm_xabungle_100_011
ライフル
プラ板で本体幅増し。
銃口等はプラ材で作り直し。
ライフルのはずなんだけど弾どっから入れるんだろね。

ミサイルポッド
基部部分をポリキャップ仕込んだ以外はほぼキットのまんま。
Wm_xabungle_100_012
3連バズーカランチャー
砲身はプラ材で作り直し。
仰角つける回転基部はポリキャップ仕込んで耐久性上げます。
そのまま装着すると頭に干渉するので基部の取り付け位置を外にオフセットします。
こいつは先込め式?どこに弾あるんだろう・・・

4連カノン
砲身はプラ材で作り直し。
キットは右手持ち用なので左手持ち用に改修。
スコープ部分はプラ材で作り直し。
一番上の砲身は絶対おかしいんよね(笑)スコープ基部に当たるもん。

「いーんだよ、アニメだから。」(ラグ&コトセット談)

-次回予告-
大きな改修した後はただひたすらに傷消しです。
整面、スジ彫り、やることはまだまだたくさんありました。
これをしないとつっこまれるそんな恐怖の毎日です。

次回1/100ザブングル製作記「あとは野となる大破壊」
さて

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010/11/24

1/100ザブングル製作記「追いかけて、追いかけて」

前回に引き続き改修部分の解説などです。
Wm_xabungle_100_007
胴体部分
これもモデグラのサル山ウキャ男氏の作例を参考にかなり幅詰めを行ないました。
内部にOYW仕様のMGガンダムのフレームを入れています。
フレームは前部分が干渉するのでそこを切り取り、後はひたすら仮組みして微調整。
Wm_xabungle_100_009
腰部分
腰フレームはMGガンダムNT-1(ジムカスタムやジムクゥエルでも可)を幅つめして使用。
腰アーマーはガンダム的分割ではなく作例と同じ分割方法にしてます。
こちらも胴体に併せて少し幅の調整をしています。
Wm_xabungle_100_010
背中のバックパック的なところ(ブングルスキッパー時のコクピット部分)
こちらも胴体に併せて幅つめして小型化。
コクピット部分も調整してキットパーツを使用してます。
クリアーパーツは小型化して使えないのでPET素材の板(塗料入れてるケースとか)を
折り曲げて使用。折り曲げの際は傷つけないようにマスキングテープを貼っておきます。


上腕から下腕までMGの陸戦型ガンダムまんま。
肩アーマーは前後に幅増しと外側のディテール改修

現物合わせの調整が大半です、切り離す時は慎重にすると後がかなり楽です。

-次回予告-
改修、改修また改修、古いキットは伊達じゃあない。
それでもやっぱり作りたいザブングル
モデラーバロンは男の子!

次回1/100ザブングル製作記「謎また謎のイノセント」
さて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/23

1/100ザブングル製作記 「信ずるものは浮かばれる」

部分的に塗装に入ってますがまだかかるのは前回の通り。
まだまだ終わらない・・・

で、今回から順番に改修した部分や、そのパーツ構成について書きます。
まず頭部。
Wm_xabungle_100_006
基本的にモデグラのサル山ウキャ男氏の作例のパーツの切り方を参考にして小型化してます。
口のフィンは開口してからエポパテで作り直し、耳部分(ここは設定では搭乗口でしたね)はプラ材で作り直し。
ゴーグル部分は
ペットボトルをはさみで5cm幅くらい輪っかに切り取り、1箇所切り離して帯状にする

プラ棒にぐるぐる巻きにし、それをテープでしっかり止める

熱湯につけて、すぐに水で冷やす。
Wm_xabungle_100_013
そうするとこんな感じで曲率がきつめのペット素材ができるので適当に切り取り現物合わせで仕上げました。(左が元のペットボトルから切り出した状態で右が縮めた状態です)
思い通りの曲率は出せないけどヒートプレスよりははるかに楽です。

-次回予告-
現物合わせと微調整ひたすら繰り返すばかりです。
それも持ち味とは言うけれど、間に合わなけりゃ意味がない。
やっぱこだわりすぎなのか?

次回1/100ザブングル製作記「追いかけて、追いかけて」
さて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/22

1/100ザブングル製作記 「なんで掟(締め切り)を破るのさ」

最初にお詫び
千葉しぼり主催のキャノンコン参加予定でしたが締め切りまでに完成できませんでした。
いろいろ事情(入院したりとか)があったけど全て言い訳になります。
きちんと計画立てて、早めに作業してればこんなことにはなってないはずです。
今回の事はきちんと反省し、次につなげていきたいと思います。
関係者の皆様本当にすいませんでした。

で、現状はどうやねん?
とりあえず部分的に塗装に入ってますがまだもう少しかかるかなと。

少し前の状態ですが
Wm_xabungle_100_003 Wm_xabungle_100_005
Wm_xabungle_100_004
武器なし状態とフル装備状態です。

武器なしの写真からフル装備状態の間に膝関節部分のクリアランス調整、膝パーツ周辺の処理を行なってます。

このあとさらに腕の車輪部分はもう少し腕に密着させました。

次回の記事ではもう少し細かい部分の説明をしたいと思います。
何ミリ切ったとか覚えてないので書けないけど、どういう構成にしたかはわかるかと・・・

-次回予告-
やりだしたら止まらない細かい部分の微調整。
やりたいこととできること、かかる時間の計算も
出来なけりゃそりゃ締め切りには間に合わん。
だからおまえはアホなのさ。

次回1/100ザブングル製作記「信ずるものは浮かばれる」
さて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/13

1/100ザブングル製作記 「ザブングルはもらったよ」

さてさて、例のキャノンコンペ用作品ですが、おいらはこいつで行く予定。
Wm_xabungle_100_000
ウォーカーマシンだけど一番ウォーカーマシンらしくないこいつ。
せっかくのノンジャンルでガチなコンペなら好きなもの作るのが一番モチベ上がるんでハードルは高くても楽しんで作れるこいつにした。
最終的にはR3ギャリアと並べたいという野望の為、全力でがんばる。

ところで、ここで「おい、ちょっと待て」と思った方。正解(笑)
そうです、ザブングルにはキャノン砲は本体についてません。
Wm_xabungle_100_001 Wm_xabungle_100_002
しかーし、この状態ならば大丈夫ジョブジョブではなかろうかと。
まだまだ仮組み最中でみすぼらしいですが、ある程度感じはつかめてきました。
ここから、まだまだ煮詰めないといけないが、やっててすっげー楽しいね、これ。
やっぱ好きなもん作るとテンション高いわー(笑)

そんなわけで、

走り出したらもう止まらない、どこまで行けるかキャノンコンペ。

すいません、締め切りまでに完成しませんでした・・・
次回1/100ザブングル製作記「なんで掟(締め切り)をやぶるのさ」
さて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

1/100 グラージ製作記 | 1/100 ゲルググマリーネ製作記 | 1/100 ザブングル製作記 | 1/100 ドラゴンガンダム製作記 | 1/35 ダイビングビートル製作記 | MG ∀ガンダム製作記 | MG グフ VerBa(笑) 製作記 | MG 百式製作記 | アニメ・コミック | ガチ魂用作品 | ガンプラ | キットレビュー | クラッシャージョー | ゲーム | ニルヴァーシュ製作記 | バロンのマウンテンサイクル発掘記 | バンダイ ガンシップ製作記 | ファイブスター物語 | フィギュア | フォードエスコート製作記 | レッドウォーリア製作記 | 仮組みレビュー | 伝説巨神イデオン | 個人的ニュース | 太陽の牙ダグラム | 戦闘メカ ザブングル | 新世紀エヴァンゲリオン | 映画・テレビ | 模型 | 模型イベント | 機動警察パトレイバー | 機甲創世記モスピーダ | 機甲戦記ドラグナー | 機甲界ガリアン | 特装機兵ドルバック | 百鬼夜行2用作品 | 百鬼夜行3 | 私的模型誌評 | 聖戦士ダンバイン | 蒼き流星SPTレイズナー | 装甲騎兵ボトムズ | 超攻速ガルビオン | 超時空世紀オーガス | 超時空要塞マクロス | 重戦機エルガイム | 銀河漂流バイファム | 電脳戦記バーチャロン | 1/144MS-06R1A ザクII製作記 | 1/100 テムジン747J製作記 | 1/100レジェンドガンダム製作記 | 1/144ハンブラビ製作記 | 1/35 スコープドッグ製作記 | HGズワァース製作記 | HGダブルオーガンダム製作記 | HGビアレス お手軽仕上げ | HGビルバイン製作記 | HGヴェルデバスターガンダム製作記 | HGUCマラサイ製作記 | HGUCリック・ドム製作記 | Mak | SDホワイトベース隊製作記