« 私的模型誌評2004年6月発売号 | トップページ | 風の谷のナウシカなどのジブリ作品のプラモデルのリニューアル »

2004/07/01

第7回オラザク選手権に参加しました。

私自身の作品はホビージャパン誌2004年8月号95ページに掲載されました。
harms_000s.jpg
作品の詳細はHPの方に掲載していますのでよければ見てやってください。
(以下ページ数については2004年8月号のページです)

結果については正直、悔しいです。ですが、入賞した作品の数々を見ていてこの程度の作品では入賞するはずもないわと納得はしています。ただ、入賞した作品がUC系のものが多かったのは正直、少し残念です。次の世代である平成ガンダム系の作品をもう少しクローズアップしてあげても良かったのではないかなとは思いました。入賞作レベルになかったというのもあるのでしょうけどね

私ごときが感想をあれこれ述べるのもどうかと思いますが、私なりに「おっ!いい感じ」と思った作品や入賞作品などについてほんの少しコメントなぞ。

大賞の「MECHANICS ZAKU」についてはその製作コンセプトにとても感銘を受けました。作品の出来もとてもすばらしく文句のつけようがないです。圧倒的という言葉が最適かと。

ガンプラ部門金賞のグフカスタムはつい最近作っていたせいもあり、「やられた!」という感じです。もう、カッコよすぎ。特にボディと脚のラインの美しさはすばらしい。

70Pガンプラ部門の「CRIMSON VIPER」フルバーニアンとレッドミラージュがどのあたりに使われているのかじっくり見てみたい作品です。同じく70Pの「メッサーラ」もバランスとかがすごく私好み。90P上段の「HAZEL」スケールがわかりませんが仕上げとかうまいですよね。ヘイゼルだから賞あげなかったのかとかは考えたくはないですけどね。同じく下段の「PF-78-1(Ver.ka)」しっかりとつくりこまれた作品だと思います。スケールは1/100なんだろうか?94P下段の 「誕生!SD・METEOR」ありがちネタだけど意外としっかり作りこまれているのがわかる作品ですね。96P上段「WIVERN!!」地味だけどいい仕上がりだと思います。浮かして展示すればもう少し上を狙えたかもしれませんね。これもワイバーンだからとかは考えたくないですね。104Pジュニア部門の「ジン」はポーズが決まっていてかっこいいですね。若い世代からこういう作品見れるのはいい刺激になります。同じページの「JUSTICE」もいい感じだと思います。

今回いろいろ思ったのですけどやはりUCモノ(特に1年戦争モノ)が多いということでしょうか。これってAFVが第二次大戦モノが人気があるのと近い傾向だと思いますが、新鮮味にかけると言うのも事実だと思いますね。出来ればUC部門とそれ以外の部門と分けてくれるといいかなと。UCモノ以外でインパクトのある作品を見てみたいですね。特にF91やV、X、などの作品でね。

さて今から来年のネタを考えようかな。

|

« 私的模型誌評2004年6月発売号 | トップページ | 風の谷のナウシカなどのジブリ作品のプラモデルのリニューアル »

模型」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25953/879271

この記事へのトラックバック一覧です: 第7回オラザク選手権に参加しました。:

« 私的模型誌評2004年6月発売号 | トップページ | 風の谷のナウシカなどのジブリ作品のプラモデルのリニューアル »