« 風の谷のナウシカなどのジブリ作品のプラモデルのリニューアル | トップページ | ほおずきで賞 »

2004/07/05

エアブラシのダブルアクションタイプ初体験

つい最近、安価でダブルアクションのエアブラシを入手しました。実は私これまではシングルアクションタイプのエアブラシしか使ったことがありませんでした。
まずは簡単にエアブラシのダブルアクションとシングルアクションの違いを書きますとですね、シングルアクションは空気がずっと出っ放しでボタン(トリガーレバータイプもあり)を押す(引く)と塗料が吹き出すタイプで、ダブルアクションはボタンを押して空気が出て、後ろに引いて塗料が出るタイプです。この辺の説明はモデラー仲間の洋太さんのHPにもう少し詳しく書いてありますのでそちらも参考にされると良いでしょう。

で、肝心の本題ですが今まで使ってきたのがまず初めはGSIクレオス(旧グンゼ)のエア缶に直付けするタイプのヤングなんとかってエアブラシ、次が同じくクレオスの吸い上げ式タイプのMrプロスプレー、その次がコンプ初購入となったタミヤのスプレーワーク初期型、その次が今も使っているクレオスのコンプレッサーL5にワークのピースメーカーという組み合わせ。それらすべて、シングルアクションでした。元々缶スプレーの塗装から始めた私としてはシングルで特に不満も何もなかったわけです。各模型誌や様々なサイトなどではダブルアクションを勧められていましたけれどもね。
そんな私が初めてダブルアクションブラシを使ってみました。最初の感想としては「あれっ?あれあれ?」といった感じで違和感アリまくり。空気出して塗料が出るまでの感覚がすごく掴みづらかったです。徐々に慣れてはきたものの塗料がぶわっと出てたまにダマになったりしまして、まだまだ感覚はつかんでませんがシングルとは少し違うなと思いました。まず細く吹く、薄く吹くのはダブルアクションの方が向いているかもしれません。ただ、レギュレーターの圧力とかの調整や塗料の薄め方はシングルの時とは少し変えないといけない気がします。広く大きい面を均一に吹く場合(車のボディなど)はエアの圧力の高いコンプとシングルアクションブラシ(それもトリガータイプのボタン)の方がおそらく楽な気がします。L5ではほんの少し力不足かなと。L10あたりでなら十分事足りかなと思いますね。

使用感とか向き不向きについては私独自の感覚で判断していることなので絶対ではないのですが、なんにせよ、道具に関しては慣れるのが一番だと思いますのでいろいろ試して慣れればまた一味違う塗装ができるようになれば良いなと思います。

|

« 風の谷のナウシカなどのジブリ作品のプラモデルのリニューアル | トップページ | ほおずきで賞 »

模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25953/902487

この記事へのトラックバック一覧です: エアブラシのダブルアクションタイプ初体験:

« 風の谷のナウシカなどのジブリ作品のプラモデルのリニューアル | トップページ | ほおずきで賞 »