« 私的模型誌評2004年11月号 その1 | トップページ | 私的模型誌評2004年11月号 その3 »

2004/09/27

私的模型誌評2004年11月号 その2

電撃ホビーマガジン誌

まず、特集の1はガンプラ製作講座。変なマンガ(漫画家さんすみません)は超初心者的内容でなくてもいいかなと。工作やディテールアップ、塗装を初級、中級、上級と分けて紹介している記事はそれぞれ自分のできるものを取捨選択するのがよいかと思います。個人的にはスルーしてしまいますけどね。特別編のデカール製作法で前々からNAOKI氏が網点の出来ない方法があるということを書いていましたので期待して読んでましたが100%ベタ刷りの重ね刷りだったのにはがっかり。その方法はすでに発見してたので違う方法があるのかと思っていましたからね。まぁ、考えることはみな同じかなと。

原口氏のM1Aアストレイ。コレクションとHGアストレイのパーツを一部使用しての作例ですね。作例としては問題ないのかもしれませんがパッと見た印象で物足りないというかのっぺりした印象を受けるのが残念です。赤澤氏のディープフォビドゥン。作例としてはもよく出来ていると思います。ただこれも原口氏と同じ印象を受けるのは何故だろう。

特集の2はZ MS クロニクル。中村氏のMGガンダムMK2.お手軽改修とはいえフェイス周りの改修、足首周りの改修は参考になります。足の甲の改修は簡単ではあるけど効果的ですので個人的にはお勧めします。人首氏のMGハイザック。バリュートパック付きですね。背中のパックの丸いプロペラントみたいな部分が一回り小さい気もしますけど、アームとかの可動とか見所ある造形になっています。

電撃ガンプラ王大阪大会のレポートを見ると入選者に知ってる人の名前が。というか面識あるひと数名。面識はないけどネットで見かける人数名。まったくみんな巧いよ、巧すぎる。見てて悔しくなったよ。私もがんばらないといかんなぁ。

ゾイドがまたアニメ化するそうで特集してます。が、私あんまりこちらのほうには明るくないので基本的にスルーです。ゾイドゼロに出てきたライガーゼロは好きなんですが、今回もライガーゼロが主役らしくパワーアップしてライガーゼロフェニックスとなるそうです。ライガーなのかフェニックスなのかどっちやねん!といいたくなるのは内緒です。

ハセガワのテムジンのファーストレビューをNAOKI氏がされています。この作例ではつや消し仕上げられていますね。後ハメ加工とかは製作時に参考にしたいと思います。

今月はこんなところかな。

ではまた。

|

« 私的模型誌評2004年11月号 その1 | トップページ | 私的模型誌評2004年11月号 その3 »

私的模型誌評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私的模型誌評2004年11月号 その2:

« 私的模型誌評2004年11月号 その1 | トップページ | 私的模型誌評2004年11月号 その3 »