« ドライブがてら | トップページ | 私的模型誌評2004年12月号 その3 »

2004/11/02

私的模型誌評2004年12月号 その2

電撃ホビーマガジン誌

05年1月との合併号だって。
11月18日からの週一刊行版の詳細が書いてます。おまけが付くからって言っても価格はもう少し下げて欲しかったかな。4号全て揃えた人に応募者全員サービスとかってのそろそろやめませんか?

それでは気になった記事の感想など。今井氏のジン・アサルト。氏は結構大きめのサイズの作品(1/100クラス)が多かったおぼえがあるのでそういう意味でこのサイズの作例は新鮮。ごついデザインのMSを形にするだけでなく装甲が差し替えとはいえノーマル版にできるのもさすがですね。

ガンプラ王2004の香港・台湾大会の予選通過作品レポート。ドルメルがあったり、ディオラマ仕立ての作品が多いのがこちらの大会らしいですね。日本国内作品とは違う少し懐かしめのスピリットを感じる作品が多くて面白いです。

鋼の魂ではマジンガーエンジェルのミネルバXの記事に惹かれる。オプションのシレーヌ・ユニット状態が造形的に面白そうだった。製品版がどういう塗装で仕上がるかが興味がありますね。

こんなところかな。やっぱ付録なくして値段下げてほしいかも。

で、またちと番外編。
ace200412.jpg
月刊少年エース

例のアスカ購入のための振込用紙が欲しかったのですが、本が発売されていたのに気づくのが遅くて売り切れ店続出で近所の本屋などを数件はしごするハメに。で、灯台下暗しな所の本屋に在ったわけですが原型師の浅井師のHPによると来月号にも付くらしいので無理して探す必要もなかったかなと。でも、綾波持っていないのにアスカ欲しがる私って、やっぱ赤いからか。WHF神戸で現物見たら欲しくなっちゃったのよね。

そんな感じでまた次回。

|

« ドライブがてら | トップページ | 私的模型誌評2004年12月号 その3 »

私的模型誌評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私的模型誌評2004年12月号 その2:

« ドライブがてら | トップページ | 私的模型誌評2004年12月号 その3 »