« HGUCリック・ドム製作記 その7 | トップページ | HGUCリック・ドム製作記 その8 »

2006/06/11

1/35ボトムズのAT三昧

当初の発売予定日からかなり遅れていました35MAXのスコタコがようやく届きましたので、
背景紙のグラペを購入したのでその撮影テストも兼ねて、他のATフィギュアも含めてご紹介。

まずは35MAXシリーズのスコープドッグ
Max_35st001 Max_35st002 Max_35st006
スタイル重視でコクピットの開閉ギミックとか降着ギミックとかはなし。
関節とかは割とよく出来ていますが、もう気持ち関節が硬いと嬉しいかな。
あとタカラや過去に発売された1/35のGKに比べると少しサイズが・・・

私は理想とするスコタコの造形イメージにかなり近いのでギミックなしでも構わないんですが、
この価格での他のプレイバリューを求める人には高いか?

続いてはCm’sの青の騎士ATシリーズから、ベルゼルガBTS、ぜルべりオス、シャドウフレア。(ベルゼルガ スーパーエクスキュージョンは未購入)
Cms_bts002 Cms_bts003
Cms_sf0003 Cms_sf0002
Cms_zv002 Cms_zv003
よくもまぁこんなのが出る世の中になったもんだと思う。
スタイルについてはBTSは可もなく不可もなく、
ぜルべりオス、シャドウフレアはかなりがんばってるねという感じ。
ギミックとしてはコクピットハッチ開閉、降着ポーズが取れるのがこのシリーズ共通ギミック。
そしてシリーズ共通で関節が弱いのは今後何とかしていただきたいところ。
このあたりを改善して今後どこまで続くのか、ぜひともがんばっていただきたいシリーズです。

最後は少し前にも紹介した海洋堂から以前発売されていたシリーズ。
Ky_tk_bc001 Ky_tk_bc002
Ky_tk_stkd002 Ky_tk_stkd003
ブラッドサッカーはスタイルはかなり満足。
微妙な汚し塗装は・・・
ストライクドッグは右側のアンテナが折れました(涙)
この塗装がATファンにはどう捉えられたのでしょうね。
個人的にはATに光沢グラデ塗装はありやと思わせてくれた一品なんで気に入ってます。
ただ、塗料で関節が硬いのだけが・・・
このシリーズ他にベルゼルガとスコタコターボカスタムがあったはずなんですが、現在行方不明です。
ベルゼルガはかなり気に入ってたのですがどこ行ったのでしょうかねぇ・・・

とまぁ、昨今のボトムズ関連のアイテムの充実振りに心躍ってるバロンでした。

Max_35st005 しまい。

|

« HGUCリック・ドム製作記 その7 | トップページ | HGUCリック・ドム製作記 その8 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

フィギュア」カテゴリの記事

模型」カテゴリの記事

装甲騎兵ボトムズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25953/10477772

この記事へのトラックバック一覧です: 1/35ボトムズのAT三昧:

« HGUCリック・ドム製作記 その7 | トップページ | HGUCリック・ドム製作記 その8 »