« 1/100 グラージ製作記その3 | トップページ | 突然の新作発表 »

2007/05/22

捲土重来?

ここ二日ほどHPの方のアクセスがなんかすごいなぁと思ったら、こんなとこで取り上げられてました。
いやぁ、かいん氏に褒められてしまった(テヘッ)
なので少し色とか塗料とかについて書いてみましょうかね

実際、使う色に関しては昔や今の作例とかの記事からの引用だったり、模型店の常連さんに教えてもらったり、新しい色や塗料が出たらとりあえず試してみるとかしてるだけです。
最近はいわゆるラッカー系塗料(油性アクリルといえばいいのかな?)かなりいろんなメーカーから色の種類が出ていますので、それらの中からチョイスしてビン出しで塗ることが多いです。
最悪、塗料が切れても同じのが売ってるという安心感がありますしね。
ただ、どれが一番いいとは言えないですね。日々改良も重ねられていますから同じ色でも品質が変わってたりしますし(例:クレオスの銀とかね)使ってるエアブラシや筆、溶剤との相性などでも変わります。使う人によって感覚が違うのでどれがベストとは言えないのです。
あと、ビン入りで売ってなくて缶スプレーのみの色でもビンに出してエアブラシで吹く事もあります。(取り扱いに多少の経験は要りますが吹けなくはないです)
調色に関しても先にも書きましたが今や昔の模型誌作例等の塗装データーの引用が主です。(いわゆる受け売りです)
経験上、気をつけているのはあまり色を混ぜすぎないことで入ってる顔料には注意するでしょうかね、基本は二色の混合で色味の調節にクリアーカラーなどをつかう感じです。

色や顔料に関しては私なんかの記事よりエライ人(石川氏)のページなんかで勉強した方がずっといいです(笑)

塗装や塗料について書いた本をジャンルを問わずに読んだり、色やカラーデザインやグラフィックパターンの本などを読んだりしたり、街中の標識や看板、クルマの色なども勉強になります。

なにげに見ているものでも模型に活かせないかとかは考えます。最近はジッポーのチタンな感じとか携帯電話(特にau)とかにもいい色や配色がありますからそういうのも今後は参考にしたいですね。昨年まで自分が使ってたSO505isの赤(オレンジ?)なんてすごくいい色でしたしね。

たまには視点を変えてみるのもお勧めです。
あと脳トレ(笑)

|

« 1/100 グラージ製作記その3 | トップページ | 突然の新作発表 »

模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25953/15167195

この記事へのトラックバック一覧です: 捲土重来?:

« 1/100 グラージ製作記その3 | トップページ | 突然の新作発表 »