« ハセガワMak | トップページ | 1/100 グラージ製作記その6 »

2008/03/02

1/35 ダイビングビートル製作記 その1

35_di_beetle_008 35_di_beetle_009
前回からかなり間が開いてしまいましたがようやく見せられる状態まで持ってこれました。
主な作業としては間接部分のポリ間接化加工、胴体の幅つめ、頭部のライン調整、太ももの大型化です。
35_di_beetle_013
パーツ単位での撮影は行っていませんので文章にて簡単な説明をしておきます。
まず幅広に感じた胴体部分を腰から下と上半身のコクピット部分にカット。上半身を約5ミリ合わせ目部分で幅つめ。コクピットハッチは外周で幅をつめ胴体パーツに合わせました。頭部の大きさはあまり変えずに調整したいのでこの方法をとりました。
35_di_beetle_010 35_di_beetle_011
太ももはキットパーツを芯に設定画のラインに出来るだけ近くなるように調整。出来るだけプラ素材で修正を重ねています。
35_di_beetle_012
各関節は市販のポリキャップやボールジョイントを使用して間接ごとにばらせる様に加工してあります。私の場合可動させるのが目的ではなく、パーツごとにばらせて塗装がしやすいようにと考えてるため、思ってるほど動きません(笑)基本の素立ちポーズで決まればいいかなと。よーするに見掛け倒しです、はい。

まだまだやらないことは多いけどここまでくれば解像度を上げていくだけなのでやってて楽しいです。ちなみに設定画重視とかじゃないです。キットのパーツ形状を生かして製作しております。アクティツクギアや作例はあくまで参考程度に見ているだけなのでそれらの再現を期待してもらってる方には物足りないかもしれませんのであしからず。

ではまた次回。

|

« ハセガワMak | トップページ | 1/100 グラージ製作記その6 »

1/35 ダイビングビートル製作記」カテゴリの記事

模型」カテゴリの記事

装甲騎兵ボトムズ」カテゴリの記事

コメント

昨日からメールが届かんみたいやけど、ひょっとして君んちの携帯止まってる?

投稿: 雲の人 | 2008/03/05 22:25

■雲の人
>携帯止まってる?
んにゃ止まってないよ。

投稿: バロン | 2008/03/09 05:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25953/40347714

この記事へのトラックバック一覧です: 1/35 ダイビングビートル製作記 その1:

« ハセガワMak | トップページ | 1/100 グラージ製作記その6 »