« 1/100ザブングル製作記 「信ずるものは浮かばれる」 | トップページ | 1/100ザブングル製作記「謎また謎のイノセント」 »

2010/11/24

1/100ザブングル製作記「追いかけて、追いかけて」

前回に引き続き改修部分の解説などです。
Wm_xabungle_100_007
胴体部分
これもモデグラのサル山ウキャ男氏の作例を参考にかなり幅詰めを行ないました。
内部にOYW仕様のMGガンダムのフレームを入れています。
フレームは前部分が干渉するのでそこを切り取り、後はひたすら仮組みして微調整。
Wm_xabungle_100_009
腰部分
腰フレームはMGガンダムNT-1(ジムカスタムやジムクゥエルでも可)を幅つめして使用。
腰アーマーはガンダム的分割ではなく作例と同じ分割方法にしてます。
こちらも胴体に併せて少し幅の調整をしています。
Wm_xabungle_100_010
背中のバックパック的なところ(ブングルスキッパー時のコクピット部分)
こちらも胴体に併せて幅つめして小型化。
コクピット部分も調整してキットパーツを使用してます。
クリアーパーツは小型化して使えないのでPET素材の板(塗料入れてるケースとか)を
折り曲げて使用。折り曲げの際は傷つけないようにマスキングテープを貼っておきます。


上腕から下腕までMGの陸戦型ガンダムまんま。
肩アーマーは前後に幅増しと外側のディテール改修

現物合わせの調整が大半です、切り離す時は慎重にすると後がかなり楽です。

-次回予告-
改修、改修また改修、古いキットは伊達じゃあない。
それでもやっぱり作りたいザブングル
モデラーバロンは男の子!

次回1/100ザブングル製作記「謎また謎のイノセント」
さて

|

« 1/100ザブングル製作記 「信ずるものは浮かばれる」 | トップページ | 1/100ザブングル製作記「謎また謎のイノセント」 »

1/100 ザブングル製作記」カテゴリの記事

模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25953/50103919

この記事へのトラックバック一覧です: 1/100ザブングル製作記「追いかけて、追いかけて」:

« 1/100ザブングル製作記 「信ずるものは浮かばれる」 | トップページ | 1/100ザブングル製作記「謎また謎のイノセント」 »