2015/11/11

SDホワイトベース隊製作記PLUS その4 

長いこと頓挫しておりましたが、千葉しぼりさん主催のデフォルメ選手権用にとつくりかけの中からどれかということで、ガンダムを選択、本当ならば3機並べたいところですがネタとして弱いかなと考え、相方にはゴッグを選択しました。
Sd_rx78_06 Sd_rx78_05
ガンダムはほぼ仕上げに入っていたので、そのまま進め手持ち武器をゴッグ相手ということでハンマーに。
劇中ではハイパーハンマーなんですが、自作するとなると割と大変なのとSDということでガンダムハンマーでもいいかなーとw
ハンマー自体はMGのターンエーガンダム付属のものをチェーンの長さだけすこし短くして使用。
ガンダムの手首はビルドファイターズの改造パーツの手首を使用。
さて続いてはゴッグです。
Sd_msm03_01
キットのままだと可愛らしくはありますが、いかんせんポーズがつけにくい。
Sd_msm03_02 Sd_msm03_03
それで、まず足をハの字に開けるように、ポリキャップやビルドファイターズの改造パーツを使用して改修。
あわせて足首も踏ん張れるように改修。
Sd_msm03_04
このままでも良いと思いましたが、もう少し派手なデフォルメが欲しいなと思い、HGUCの肩と手首を使用して末端肥大化。
Sd_msm03_06 Sd_msm03_07
水陸系MSはこのくらい派手なほうが迫力増していい。リアル投身のMSでも使えるハッタリだと思う。
Sd_msm03_05
後は胴体の後はめ加工を画像のように分割してます。これで面倒なマスキングしないですみます。
Sd_msm03_08
元キットと並べるとかなり印象が変わったのがわかりますね。
Sd_gvsgogg01
Sd_gvsgogg02 Sd_gvsgogg03
デフォルメ選手権には結局予定していたベースも間に合わず展示作品としては中途半端なものになってしまいましたが、単品としては納得できたので良しとしましょう。
Sd_rx77_04
残るこいつらもがんばって仕上げてあげたいですね。いつになるかだけどw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/07/04

MG グフ VerBa(笑) 製作記 その2

前回の記事で書いた手首の件ですが、誤りでした。
斜めに持たせられるように保持用の溝がバズーカグリップに彫ってありました。
そこにはめれば、画像と同じように担ぐことができます。
なので保持用の手首は製作せずにキットのまま使用することにしました。
Mg_gouf_bp_006 Mg_gouf_bp_007

文章ではすこし伝わりにくいのですが、2.0のフレームに1.0の外装を取り付けるのはエポパテを使用して割と強引につけてます。
すねフレームはメインは2.0でふくらはぎの装甲を固定するために1.0のフレームの一部を貼り付けてます。
Mg_gouf_bp_008
Mg_gouf_bp_009
足首内部もフレームは2.0を使用し、足底、甲、足首を1.0を使用してます。
2.0のようにつま先は可動できませんが、私的にはこっちのラインのほうが落ち着きます。
Mg_gouf_bp_010
頭部は1.0発売当時にあったLEDモノアイ発光ユニットを友人のブラックスマーフ氏より譲り受けたのでありがたく使用してます。
おまけにキットにはないピンクのLEDまでいただいて感謝感激です。
Mg_gouf_bp_015
やっぱモノアイ光るとテンションあがるw
Mg_gouf_bp_011
塗装はいろいろ悩んだ結果、この2色で決定。
Mg_gouf_bp_012
クレオスの5番の青が以前のものより改良されていてかなりよくなっていて、私の理想に近い色で助かりました。
濃い青はロスマンズブルーがどんぴしゃ、いやーいい色増えて塗りも楽しい。
Mg_gouf_bp_013 Mg_gouf_bp_014
最後に第54回静岡ホビーショー(2015年)でのfirstageブースの様子。(配置からすると初日ですね)
メンバーの個性が出ていい展示なったと自負しております。
またこういう作品が作れればいいなと思います。
それではまた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/01/01

MG グフ VerBa(笑) 製作記 その1

ずいぶん更新が滞っておりました。
今年はもう少しまめに更新したいと思います。

ファーストエイジの企画でMGでグフを作るから参加できるならーということで乗ってみましたw

で、いろいろ考えた挙句ホントはグフカスタム作りたいけどキットが少し古いため、いま自分の好みにするとなるとかなり大掛かりな改修を施さねばならないし、
さすがにそこまで時間的にも余裕もないのでできるだけお手軽に切った貼ったせず見栄えのいいものを思ったとき、モデルグラフィックス誌の1/144HGBFグフR35と1/144HGUCグフカスタムを利用したノーマルなグフの作例が目にとまり、これと同じことがMGでできないかなと思ったのが今回の作品のスタート。

もひとつ頭にあったのが2.0はかっこいいんだけどアニメ風すぎてイフリートとかにつながる機体に若干見えないこと。

そして、あのカトキ氏の1.0の開発参考画稿がやっぱりかっこいいと思ってること。
Hy2_gouf_001
あれこれ考えてるうちに出てきたのがこの通称グロリアス グフ(1/60 HY2M グフ)のプロポーションが一番イメージに近いのではと。
Hym2_gouf_002
これがグロリアスグフのプロポーション(キット完成見本の画像です)
このプロポーションをMGで作るにあたって出した結論がMG1.0と2.0のハイブリッド方式というモデルグラフィックス誌的方法。
Mg_gouf_1_0_001 Mg_gouf_2_0_001
まずは1.0と2.0の比較(キット完成見本の画像)
上のグロリアス版ともちがうプロポーションです。
Mg_gouf_bp_001
これらをこねこねいじりたおしてできたのが、この最初の状態でここまでの状態でFAのミーティングに持っていったらなかなかの好感触。
Mg_gouf_bp_002
頭部(首の高さ)の位置と腕の太さはやはり意見として出たので、腕はGAAさんに2.0ザクのジャンクパーツ(といってもほぼフルキットだけど)をありがたく頂いたので肩と二の腕をごっそり入れ替え、首はジャンクパーツ等で微調整したのがこの状態。
Mg_gouf_bp_003
脚部の1.0外装は2.0のフレームにエポパテで位置調整して取り付けています。
取り外しは一応可能だけど強度があまりないので最終的にたぶん固定する。
Mg_gouf_bp_004
武器はサーベルの他にどうしてもジャイアントバズ持たせたくて、2.0ジョニーライデンR2から拝借。

だがしかし・・・

この画像ではちゃんと持ってるように見えるのだけど、ジョニザクのパッケージにトリックがあったことにいまさら気づいた。
Mg_gouf_bp_jr2_0_ex
これがジョニザクの説明書の裏表紙画像。

なんか違和感あることに気づきます?

これね、手首できちんとホールドできてないの。おまけに右肩のシールド外にかなり開いてる位置にあることに気づきました。
Mg_gouf_bp_005
実際肩越しに担ごうと思うと腕はここまで曲げなければならないし、手首パーツにホールドできないので自作パーツで手首からかなり曲げて加工したもので何とか持てる状態、これはまだすこし微調整いるところです。

こういうこと書くとあれなんだけど完成品は塗装してありますと書くのと同様、この持ち方させるにはこうやりますって書いてほしいわ。
だまされたってわけではないんだけど、写真だすなら一言ほしい。
食品だとこうはいかないんだけどねぇ・・・バンダイさん。
できればオプションパーツでホールド手首とか出してくれてもいいのよ。私は買うからw

それではまたそのうち。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012/04/24

パチ組みって大事。

現地参加できなかったモデサミ2以降まともに模型いじる時間なくて、いろいろあり精神的にもボロボロで病んでました、、、
正直、やばかったw

で何とか持ち直して、ここ最近は少しずつではあるけど時間取れてきたので、ぼちぼちと模型をいじっていこうかと。

まぁサークル(ファーストエイジ)のミーティングはスケジュールの都合がなかなかつかなくてまだしばらくは行けそうにはないけど、行った時のために何か作っとかないとね。

モデサミ2に当然間に合うはずもなかった、MG Ex-Sは今現在こんな感じ。
Dscf2704s
落としたものは仕方ないとして自分が納得いくまでじっくり作っていこうかと。
だからまだまだ時間かかるね、こいつは。
で、もう少し簡単にサクッと完成させたいなぁと思って、作りかけやら引っ張り出してきてやろうかなぁと思ったら、「ザクマリナーHGUC化」の一報が、、、
ユニコーン登場にあわせてF2ベースに切り替えようと作業始めたときに、この一報聞いたので即中止。
HGUCザクベースではここまでできてましたけどこのままお蔵入りとなりました、未完!
Rms192m_06base001
でもほかにめぼしいものとかいろいろ考えてたけど、とりあえずここ最近買ったHGUCのユニコーン関係のMSをパチ組みしてみた。
Hguc_msm04g_veruc_001
HGUCジュアッグ、かわいいじゃないカッコイイだ!
HGUCアッガイと並ぶ組みやすさ腕のパーツ割りに感動を覚える。
Hguc_gm3_001
HGUCジムIII これもすげー組みやすい。
んで大好きなMS、だけど思い入れ強いとサクっと完成しないんよねぇ、おいら。
まぁ、いじるとこ何ざほとんどない位いい出来です。
Hguc_msa003ucver_001
HGUCネモ
で、こいつをサクッと仕上げてみようかと。
とりあえず7割ほど面出し終わり。バンダイエッジ残すところは残す、消すところは消すという感じで処理してます。にしてもこのキットもパーツ割り見事だねぇ。
ただ腕の挟みこみ部分の後ハメするかしないか少し悩み中。
あと色は、ダカール配備仕様にする(すなわちキットの色ね)つもり。
デザートカラーは出そうだし、170mm砲そっちに付きそうなんでね。

そんな感じでぼちぼち行きます。
SEE YOU!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/09

言わなきゃわからない改造なんて・・・

しないほうがいいです

昨年のモデサミに持っていったMGのザク1.0がその良い例ですね。
Mg1_ms06fhikaku
どこをどういじったか説明するのも難しいんですけど、キットの完成見本写真と比較してみた。
やっぱどこいじったかわかんないね、こりゃ。
覚えてる限りでは
・スジ彫り埋めた。
・頭頂部の形状をパテで調整と後ハメ加工
・下腕は06R(1.0)
・太ももも06R(1.0)にパテモリモリ
・ザクマシンガンはキャンペーン用景品のもの
・腰(動力パイプのあたり)周りの絞込みをMAX渡辺氏の作例見ながら調整。
・スパイクアーマーのふちをうすうす攻撃
・スパイクのトゲは金属パーツ
・動力パイプはMAXファクトリー製ブラスパイプ
特のこだわったのは太ももと頭のライン、言わないとあんまりわかんないけどw

まぁ、MAX渡辺氏の作例のデッドコピーといわれても仕方ないヌルーイ作品ですけど、個人的にはMG2.0のザクのプロポーションのバランスよりも1.0の方が断然好みでそれに一応決着はつけれたかなとは。(可動とかは別にしなくてもいいの)
大河原氏のザクのイメージはこちらの方が刷り込まれてますからね。
キットの組みやすさ改造のしやすさは2.0が遥かに上なんで2.0を1.0風なプロポーションで作ると割と私の理想に近いザクになるかもとか思ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/09

真・コジマ塾と忘年会

チェンジ!真・コジマ塾と忘年会
去る2009年12月6日(日)ファーストエイジの展示会から1週間
大阪日本橋のスーパーキッズランド日本橋店で行なわれたコジマ塾初の展示会&バンダイ新商品展示会との併設というなんとも贅沢なイベントに参加してきました。
おいらは先週のFA展示会に間に合わなかった百式を持って参加。
んでもって朝から実演ということでMGシャアズゴックを簡単仕上げでピカピカにとか思って、やすりで磨いてコンパウンドで磨いてとただ黙々と磨いてました。
横に座っていたミツタケさんが量ズゴをつや消し簡単汚ししててそっちにすればおいらも良かったと思いましたが後の祭り。
見に来てくれたお客さんとの交流も多少できて少しはお役には立てたかなと。
で、何とか完成させて後半組と交代。トヲルさんも会場に来てて軽く食事に行きましていろいろアドバイスもらって、つくづく良い仲間にめぐり合える良い趣味持ったと思いました。
会場に展示された作品もどれもこれもすごい作品で、ファーストエイジの展示会とはまた違う熱量を持ったイベントでした。
下の写真は会場に展示していた作品のごく一部です。
091206kj_002 091206kj_004
091206kj_006 091206kj_007
091206kj_011 091206kj_012
091206kj_013 091206kj_014
091206kj_015 091206kj_016
091206kj_017 091206kj_018
091206kj_019 091206kj_020
091206kj_021 091206kj_022
091206kj_023 091206kj_024
単品の撮影は不可能なくらい密度高かったのでこんな写真で申し訳ない。
091206kj_026 091206kj_028
バンダイの新商品ではやはりこのMG Vガンダム!
muroさんやYUYさんとVガンについていろいろ話できて嬉しかった。
うちらの世代はVガン興味なしな人多いから。
みんなでVガン並べること出来たら良いねぇ・・・とりあえずHGVダッシュを引っ張り出すかね。

そして、展示会も無事終わり毎度おなじみ味園にて忘年会。
展示会にも参加していて昔からの付き合いのあるY2氏が展示会最中に一言。
「バイパー持ってきたよ」
ヒャッホウ!
味園で見せていただきましたのがこの3機
091206kj_037 091206kj_038
スカイガールズ版ビックバイパー
091206kj_036 091206kj_035
グラディウスⅠ版ビックバイパー
091206kj_040 091206kj_039
グラディウスⅡ版ビックバイパー
マジッ!!なにこれすんげーカッコいいんすけど?
キットそのまま組んでも絶対こうはならんので、買おうと思ってる人は注意が必要ですw
というかこの作品の本当のすごさがわかる人どれくらいいるんだろう。
ちなみにスカイガールズ版は1/60スケールで他のゲーム版は1/100スケールなのです。
(キャノピー部分が大きく違う)
Ⅴ版まだ並んだときはまた見せてもらうつもりなので今から楽しみ。
ホントすごいです。
おいらもがんばるぞ、ガンプラ以外を!(え?)
とにかくこれ見れたことでおいら的には忘年会最高でした。

忘年会自体もすごく楽しく久々に会った阪模連の電撃HMライターGASさん、Y2さん、ぶくこんさんとおいら(一応阪模連定時制高校には在籍してるので)ひさびさのプチオフ状態で盛り上がり、
お台場ガンダムが光り、超時空流しのウクレレ姫が歌い、YUYさんが回りと本当に楽しいひと時でした。

そ・し・て、話に夢中でおいらはトヲルさんの差し入れてくれたたいやきを食べ損ねましたw
あんなに美味いものを・・・残念。

というわけでまたどこかであったときは皆さんお手柔らかに。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009/12/08

ファーストエイジの展示会私的超簡単レポ

今回の展示会はサークル結成10周年記念ということで気がつきゃ遠くへ来たもんだとw
↓公式レポはこちらです↓
レポート前編
http://firstage1999.cocolog-nifty.com/fa_mt_file/2009/12/2009-9be9.html
レポート後編
http://firstage1999.cocolog-nifty.com/fa_mt_file/2009/12/post-0888.html

んでもっておいらというと今回諸事情でフル参加できず、コンペ作品である百式も間に合わず、作品も予定していた物全部出せずじまいで会場にも最後の方にちょろっと顔出しできた程度というグダグダぶりホントスマンカッタ!
遅い時間に行ったので一部のゲストさんの作品しか見れなかったのが残念でした。

それでは展示作品のごく一部ですが個人的に気に入った物を少しご紹介。
09faex_001
アストレンジャー
センターのアカレンジャーが担当、いいのかセンターがおいらでw
これだけ並ぶと壮観です。
09faex_002
シャアコンペ
百式はおいらが間に合わなかったのでトヲルさんたちがメッキキット仮組みしてくれてました。ホントスマンカッタ・・・
09faex_010
ダミアン教授のシナンジュ
作品から放つオーラがすごいです。もう言うことなしですね。
09faex_011
まつおーじさんのサザビー
今年一番がんばったのは多分彼でしょう。
おいらはもっとがんばらんといかんね・・・
09faex_006
かいん氏のシャアズゴ
あいかわらず完成度高い。
いいキットをより高いレベルで仕上げるのって難しいのよね。さすが。
09faex_025
ダミアン教授の永野版ZZ
何回見ても飽きないっすwいつかこういうの作れるようになりたいねぇ。
09faex_033 09faex_035
09faex_034
更井氏のHJ作例1/144ガバメントタイプ、カプリコタイプ、ザブングルタイプ
ティンプ用で作ってるのがイカス。WM作例の中でもおいらはこれが一番
、僅差でカプリコ、次点ザブングルという感じ。
でも他のも全部すげーよ。
09faex_043
ティエレンコンペ
うちお得意の量産機コンペ
次は何しましょうかね?
09faex_061
まつおーじさんの1/550ザクF2
後のホワイトベースがぼやけていい感じw
09faex_069
王子さんの真・武者玩駄無
カッコイイす。言うことないよ。
09faex_071
トヲルさんのドム&ゲルググ
これ見たせいでマリーネ俄然やる気になった。
まだ出来てないけど負けないようにしないと。
09faex_080 09faex_084
平助さんのドズルザク、ザクキャノン
ドズルザクのみどころはやっぱ良い色と金の装飾ですね。
ザクキャノンは言うことないでしょ、かっこいいす。
09faex_092
たのもうさんのパープルベア
頭の形がナイスです。
それ以外もまとまってていい感じ。
09faex_105
GAAさんのミニッツ痛車シェリル仕様
そこに愛がありますなw
09faex_124
ま つおーじさんのMSERAのワンシーンディオラマ
このアングル再現できてるのはすごいよね。
09faex_139
王子さんのボーダー百式
あるやン百式w、良いカットが撮れた。
ポージングの巧さはさすが。

他にもまだまだ紹介しきれないほどすごい作品ばっかありました。
すごいよ、ファーストエイジ。
がんばれおいら。
そんな感じ。
そして、次の週はコジマ塾展示会&忘年会でした。
こちらはまた後日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/07

MG 百式 製作記 その7

諸事情で結局ファーストエイジの展示会に参加できず、百式も間に合わずじまいでした、スイマセン。
何を書いても言い訳になるのでごめんなさいとしか言えません。
で、コジマ塾の展示会が翌週にあるのでとりあえずそこに何とか持っていける状態で仕上げました。
もう少し胴体周りと胸の動力パイプ辺りを修正かけたいところですがその辺はぼちぼちとやります。
Mg_msn00100_bp010
で、現状この状態です。

あれ、なんか忘れてる?

金色塗装の方は結局ビスマスパールにガイアのクリアーイエローとクリアーオレンジを混ぜて、黒の下地の上に吹くという方法を取りました。4、5回は吹いたかな。
割と想定した色にはなったので色はいい感じですが・・・まだまだですね、反省。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/11/18

MG 百式 製作記 その六

Mg_msn00100_bp009 Mg_msn00100_bp008
今回の作業

・腕パーツの一部のパーツ分割変更
・ウイングバインダーの延長工作および後ハメ作業
・仕上げに入れるパーツを順次磨き作業にかかる

ウイングバインダーは旧1/100キットと比べてもかなり短いので旧キット使おうかとおもったけど基部の工作とか面倒なので無難にキットパーツを延長しました。爪塚氏の作例では上はもっと延ばしたみたいです。この手の薄いパーツの延長には強度的に気を使いますので流し込みでがっちり接着しあとは根気よくやさしくやすりがけです。

あと少しだけ工作したらそろそろ塗装しないと間に合いませんな。

さ、がんばろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/11/09

MG 百式 製作記 その伍

Mg_msn00100_bp007
今回の作業

引き続き各部分のクリアランス調整。

しかし進んでんのか、これ?って見た人思うほど変わってない。
元のキットからはだいぶ変わったけど基本的なパーツの大きさは変わってない。
見る角度によってはストレート組みと思われるかもしんない。
この辺がいつものおいららしい所かと・・・

さ、がんばろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

1/100 グラージ製作記 1/100 ゲルググマリーネ製作記 1/100 ザブングル製作記 1/100 ドラゴンガンダム製作記 1/35 ダイビングビートル製作記 MG ∀ガンダム製作記 MG グフ VerBa(笑) 製作記 MG 百式製作記 アニメ・コミック ガチ魂用作品 ガンプラ キットレビュー クラッシャージョー ゲーム ニルヴァーシュ製作記 バロンのマウンテンサイクル発掘記 バンダイ ガンシップ製作記 ファイブスター物語 フィギュア フォードエスコート製作記 レッドウォーリア製作記 仮組みレビュー 伝説巨神イデオン 個人的ニュース 太陽の牙ダグラム 戦闘メカ ザブングル 新世紀エヴァンゲリオン 映画・テレビ 模型 模型イベント 機動警察パトレイバー 機甲創世記モスピーダ 機甲戦記ドラグナー 機甲界ガリアン 特装機兵ドルバック 百鬼夜行2用作品 百鬼夜行3 私的模型誌評 聖戦士ダンバイン 蒼き流星SPTレイズナー 装甲騎兵ボトムズ 超攻速ガルビオン 超時空世紀オーガス 超時空要塞マクロス 重戦機エルガイム 銀河漂流バイファム 電脳戦記バーチャロン 1/144MS-06R1A ザクII製作記 1/100 テムジン747J製作記 1/100レジェンドガンダム製作記 1/144ハンブラビ製作記 1/35 スコープドッグ製作記 HGズワァース製作記 HGダブルオーガンダム製作記 HGビアレス お手軽仕上げ HGビルバイン製作記 HGヴェルデバスターガンダム製作記 HGUCマラサイ製作記 HGUCリック・ドム製作記 Mak SDホワイトベース隊製作記