« パワーローダーX-4+製作記(パワードール2) | トップページ | HGUC193 ガンダムマークII製作記 その2完成!そして、、、 »

2021/01/08

HGUC193 ガンダムマークII製作記 その1工作編

今回はHGUC193のガンダムマークII いわゆるリバイブ版と呼ばれる新しいほうのHGUCキットです。
基本的にキットの出来は素晴らしいので、あとは好みの問題で少し改修をしています。
その1としてはその工作に当たってのことを記事にしたいと思います。
Dsc_288001

Dsc_288101

キットをストレートに組んだ状態です。先に書いたようにこのままで特に問題はありません。
あくまでもここからは個人の好みです。
太ももが少し離れすぎてると感じ、股関節軸を削り少し中へ寄せます。
併せて太もも部分の長さをフレームで1ミリほど伸ばしています。

工作したものが下の画像になります。
Dsc_288201
その加工をした後が下の画像です。太もも周辺の感じが少し変わっています。
Dsc_2884

Dsc_2883

このままでもいいんですが、前腕が少し長く感じるのとパーツ割の関係上TV版の設定画と少しイメージが違うと感じたのと足首も自分のイメージではもう一回り大きいほうがTV版のイメージに近いと感じていろいろ考えた結果、旧HGUCの方の前腕と足首を使用することにしました。
Dsc_2930
前腕の加工は内部フレームをこの位置で切断し、エポパテで固定します。
Dsc_2931
足首はボールジョイント受け側のポリキャップを旧HGUCのものではなく新HGUCのものを旧の足首フレームに組み込むとそのまま使用できます。
Dsc_2932

Dsc_2933
前腕と足首を旧HGUCのものに置き換えた後がこの状態です。これで私好みのプロポーションに近くなりました。
Dsc_287601
頭部の後ハメ加工はこのようにすれば顔部分の塗装が楽になります。
Dsc_125301
足首の赤いパーツは肉抜きがあるので埋めておきます。あとはスジボリの掘り直しやバックパックの合わせ目消しを丁寧にして工作自体は終わりです。
次回その2は完成状態の画像と塗装時に少し失敗したところがあるのでそれを書きます。
ではまた。

|

« パワーローダーX-4+製作記(パワードール2) | トップページ | HGUC193 ガンダムマークII製作記 その2完成!そして、、、 »

模型」カテゴリの記事

ガンプラ」カテゴリの記事

HGUC193 ガンダムマークII製作記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« パワーローダーX-4+製作記(パワードール2) | トップページ | HGUC193 ガンダムマークII製作記 その2完成!そして、、、 »